えもふり – E-mote Free Movie Maker

皆の2DキャラクターをTwitter、pixiv、GIFMAGAZINEとかでぬるぬる動かしちゃおう!WebGL、ティラノスクリプト、Unityや宴にも対応!

えもふりって?

E-mote Free Movie Maker(以下えもふり)は、 絵師さんの「もっと簡単にキャラクターを動かしたい!」 動画制作者さんの「設定なんて面倒なことしたくない!3秒で動かしたい!」 っていう、皆からの強い要望にお応えするために 『E-moteよりも簡単に、楽しく、ぬるぬる動くキャラクターを作る』 ことを目的として開発された、新しい形のE-moteだよ!

えもふりを今すぐダウンロード!

・えもふりSDKは、無保証です。個人および同人目的の利用に限り、法人の商用利用はお断りします。
・えもふりSDKには、キャラ表示の前にE-moteロゴを再生しないといけない制限があります(ロゴを再生するまでキャラが常にモノクロ表示されます)。

何ができるの?

えもふりは、動画の製作に特化したE-moteとして 動画の出力が得意なんだ!

例えば、 たった6枚のレイヤーを描くだけで 目をぱちぱちさせたり、魅力的な笑顔を演出したり。 えもふりを使えば、キャラクターが簡単に動いちゃうんだよ!

WebGL、Unity SDK、ティラノスクリプトでゲーム、アプリへ組み込み利用

個人、同人での使用であればゲームやアプリにも使ってOK!

えもふりは動画制作だけじゃなくてティラノスクリプトやUnityや宴でも使えるようになってるから、ばっちりだね!

えもふりを使って、皆のキャラクターを笑顔にしよう!

豊富なテンプレート

ver. 3.90からテンプレートが製品版とえもふりで共通になったんだよ!工夫次第でいろんな表現が出来るようになっているから、れっつチャレンジ☆彡

テンプレートのダウンロードページ

作れる動画の種類は?

えもふりは、連番PNG出力と アニメGIF出力、それにWMV出力に対応してるんだよ。

簡単な操作で動画が出力できるのがえもふりの魅力だよ!

アニメGIF出力

ブラーによる画像補間機能で アニメGIFにありがちな少ないコマ数でもキャラクターが自然に動くんだよ! ブラーを使わないアニメGIFも出力できるよ。やったね!

ブラー補間無し ブラー補間無し

ブラー補間無し

ブラー補間あり ブラー補間あり

ブラー補間あり

無料?

うん!えもふりは、皆に無料で使ってもらうために作ったんだよ。

商用利用はできるの?

えもふりで作ったキャラクターの商用利用は個人・同人でのみにしてね! 法人の皆さんには、E-moteエディタの体験版としてのみえもふりを使ってほしいな。

えもこ先生からのお願い、だよ!

「E-mote」と「えもふり」は何が違うの?

「えもふり」は個人、同人でだけ使えるという規約上の制限と、インポートできるPSDのサイズが「縦2048px、横2048px」まで、書き出しできる動画のサイズが「縦1024px、横1024px」までという制限があるんだ!

もっと大きいサイズで作りたいけど、ライセンスは高いよ…(;ω;)と思った、全国のおにーちゃん、おねーちゃん!!現在検討中なので、続報を待ってね!要ちぇけらっ!


ダウンロード

今すぐダウンロードだよ!(動作プラットフォームはDirectXランタイムのインストールされた、WindowsVista以降のPCです。)

えもふりを今すぐダウンロード!

・えもふりSDKは、無保証です。個人および同人目的の利用に限り、法人の商用利用はお断りします。
・えもふりSDKには、キャラ表示の前にE-moteロゴを再生しないといけない制限があります(ロゴを再生するまでキャラが常にモノクロ表示されます)。


更新履歴

2018/05/16: えもふりver.3.9.4アップデート。Unity&WebGL SDKもアップデート。 に対応しました!

2018/05/16: えもふりver.3.9.3アップデート。Unity&WebGL SDKもアップデート。

2018/04/04: えもふりver.3.92アップデート。Unity&WebGL SDKもアップデート。

2018/01/18: 署名時に、ライブラリバイナリのヘッダが破壊される不具合を修正

2018/01/10: ver. 3.90 動画出力フレーム制限撤廃、Unity&WebGL SDK公開など